あなたのボディタイプは?

あなたのボディタイプは?

まず、あなたのボディタイプをチェックしてみましょう。
体脂肪がどこを中心についているのか、食生活の傾向など、あてはまる項目をチェックし、ご自分のボディタイプを見極めてください。
何をやってもやせられない、体調が悪い、健康レベルが向上しないと思っているあなたは、自分のボディタイプに必要な酵素が不足しているか、自分のボディタイプに合わない食生活をしているはずです。

 

しっかりと見直し、改善をしていけば、必ず理想のあなたに生まれ変われるはず。

 

Aタイプ

 

甘いもの、デンプン質およびカフェインによって刺激されるのが、隣臓と甲状腺。

こうした食べ物を食べ過ぎる傾向にあるAタイプは、体のバランスを崩すと、疲労、気分の落ち込みやうつ症状、低血糖症、糖尿病、消化器系のトラブノレなどにつながります。

 

Lタイプ

 

こってりしたスパイシーな料理は生殖腺を刺激。

 

Lタイプが必要とするホルモン分泌促進のため、こうしたものを好みます。

 

体のバランスの崩れは、むくみ、PMS、婦人科系疾患、甲状腺機能のアンバランス、肝・腎機能低下などにつながります。

 

Pタイプ

 

脂肪と塩により刺激を受けるのが副腎腺。

 

肉、チーズなどタンパク質食品を好みますが、じつはそこに抱き合わせになって含まれひる脂肪に惹かれています。

 

体のパラ叱スを崩つうふうすと、糖尿病、心臓病、高血圧、痛風、関節炎などの慢性病や生活習慣病に。

 

 

LAタイプ

 

牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどが下すいたい垂体を刺激。

 

これらを食べることで、自分の望む満足感を得ます。

 

体のバランスを崩すと、免疫力の低下、慢性的な疲労や頭痛、アレルギ一、筋肉痛や全身的な痛みなどを経験。

 

さらに、連鎖的にさまざまな体調不良に。

 

 

 

 

 

 

あなたのボディタイプは? 関連ページ

消化をサポートする食物酵素
食物酵素(食物に含まれる酵素)は、その食物そのものを消化します。   たとえば、青いバナナはかたくて […]
酵素をつくるにも、働かせるにも栄養素
たしかに、代謝酵素(体内で働く酵素)はすべて体内でつくられています。   遺伝子という設計図をもとに […]
酵素なしでは、美しさも健康もありえない
私たちの体内では、五000種類とも八000種類ともいわれる酵素が休みなく働いています。   それらの […]
Hello world!
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

トラックバックURL

http://insymmetryheadshots.com/effect/18.html/trackback

コメント


コメントを残す